刈鎌(かりかま)

中鎌(ちゅうがま)

中薄鎌(ちゅううすがま)

鉈鎌(なたがま)

のぼり鎌

刈鎌(かりかま)

刈鎌は、うちで作っている鎌の中で一番薄く軽いものです。用途の例としては、草刈りや芝刈りです。薄さと軽さを保ちながら鎌が変形しにくいように背の部分を曲げて頑丈にしてあります。

中鎌(ちゅうがま)

中鎌は、刈鎌・中薄鎌より柄も刃渡りも一回りおおきくなり、頑丈さや重みも増します。そのため多少太いものでも切ることができます。用途の例として、真竹(※苦竹ともいう)などの細い竹も切ることができます。鎌が変形しにくいように、背は峰づくりとなっています。

中薄鎌(ちゅううすがま)

中薄鎌は、頑丈さ、重さ共に刈鎌と中がまの中間ぐらいの鎌です。用途の例として、とうもろこしの茎切りなどがあります。柄は刈鎌と同じものを用い、胴体は中鎌より少し薄く、軽くなっています。中鎌と同様に、変形しにくいよう峰づくりとなっています。

鉈鎌(なたがま)

鉈鎌は鎌の形をした鉈です。柄は太く頑丈で、土金は分厚く、胴体も中鎌より更に分厚くなっています。用途の例としては、細い木の切断です。変形しにくいように峰づくりとなっております。

 

のぼり鎌

ナタ鎌よりも縦に長く刃がついている鎌です。引く動きだけではなく、薙ぐ動きでも、物を切ることができます。造林でよく使われます。

こちらは鉄に鋼を割り込み鍛造します。

 

隈部刃物製作所

〒861−4406 熊本県下益城郡美里町馬場734−1
TEL : 0964−46−2188

© Copyright 隈部刃物製作所. All rights reserved.